美濃和紙
3120

未来へと続く紙

日本の中央に位置する岐阜県の美濃は、美しい水に満ちあふれた土地。その清らかな水から生まれる紙には、1300年の歴史があります。
3120は、この美濃和紙の歴史をつなぎ、さらに未来へと続く紙をめざしています。脈々と受け継ぎ、培われてきた手漉きの技や手仕事の文化を最新の技術と融合させ、それぞれの手法の良いところを活かし、現代の暮らしにあった紙とその使い方を提案していきます。

見方を変える 3120 サンイチニイゼロ

3120の「3」と「2」を横にすると「MINO」という文字になります。見慣れた数字も角度を変えれば違う姿が見えてくるように、3120は、伝統的な美濃和紙を新たな視点でとらえています。紙漉きの長い歴史を誇る美濃で作られる紙を、これまでの和紙という既存イメージの枠を取り払い、私たちが暮らしの中で使っていく道具として、時代とともに進化する紙の在り方を追求していきます。

アーティストの高橋理子がデザインとアートディレクションを手がけ、デザインディレクターの萩原修がプロデュース。製造には美濃の個性的なメーカー3社が集まり、それぞれの得意技術を活かした製品を生み出しています。

美濃の自然の写真

はじめての繊細さ 3120 Watermark

3120の製品に使われている紙には、ウォーターマークと呼ばれる透かし模様が入っています。独特な細かい柄で全面を覆う紙を作るには、いくつもの厳しい条件を満たす、高度な技術が必要です。この透かし模様のための型を開発するところから、3120のもの作りは始まりました。

3と1と2と0という数字から生まれた、高橋理子の魅力的な図柄。その細かい図柄を表現するために理想的な原料を選択し、紙の厚みと透け具合のバランスを何度も繰り返し調整した結果、絶妙な均衡を保ちつつ細密さを兼ね備えた透かし紙が完成しました。

滑らかで薄く、なおかつ丈夫な3120 Watermarkは、一般的なウォーターマークの製造方法とは異なり、模様だけの紙と無地の紙を同時に漉きながら1枚に合わせる技法で作られています。

美濃和紙の歴史が築き上げた伝統に支えられ、技術と図柄が響き合って誕生したのが、3120 Watermarkオリジナルの紙です。

*ウォーターマーク

ウォーターマークは英語で、「紙の透かし模様」「透かしを出す意匠」。紙を光にかざすと明るく浮かび上がるように見える図柄や模様のことです。